メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

和服のような服装で武漢大の警備員に入校を阻止された男性(中央)とその友人(右下)=中国のブログ「微博」から

 【北京・浦松丈二】中国湖北省のサクラの名所、武漢大で24日、和服のような服装の男性が花見をするために校内に入ろうとしたところ、警備員から暴行を受けて阻止された。この対応には「偽りの愛国主義だ」などと批判が殺到し、大学側は男性の入校手続きに不備があったなどと釈明に追われている。

 報道によると、友人と訪れた男性に対し、警備員が「和服」を理由に敷地に入るのを認めなかった。男性は和服ではなく唐時代の「唐装(とうそう)」と訴えたが、2人とも押し倒されたり、首を絞められたりするなどの暴行を受けた。

 この場面の映像がネット上に流れると「和服がダメなら、日本の花であるサクラは全て切り倒して、(中国の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです