メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

和服のような服装で武漢大の警備員に入校を阻止された男性(中央)とその友人(右下)=中国のブログ「微博」から

 【北京・浦松丈二】中国湖北省のサクラの名所、武漢大で24日、和服のような服装の男性が花見をするために校内に入ろうとしたところ、警備員から暴行を受けて阻止された。この対応には「偽りの愛国主義だ」などと批判が殺到し、大学側は男性の入校手続きに不備があったなどと釈明に追われている。

 報道によると、友人と訪れた男性に対し、警備員が「和服」を理由に敷地に入るのを認めなかった。男性は和服ではなく唐時代の「唐装(とうそう)」と訴えたが、2人とも押し倒されたり、首を絞められたりするなどの暴行を受けた。

 この場面の映像がネット上に流れると「和服がダメなら、日本の花であるサクラは全て切り倒して、(中国の花)ボタンを植えなければならなくなる。心の狭い民族主義だ」などの批判があふれた。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです