メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つぶらな瞳、甘えるように「ンー、ンー」 ゴマフアザラシの赤ちゃんが人気 山形・鶴岡

ひなたぼっこ中の母親ゆき(左)と赤ちゃん=山形県鶴岡市で2019年3月25日、長南里香撮影

 山形県鶴岡市今泉の市立加茂水族館で25日朝、ゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれた。つぶらな瞳で岩場に寝そべり、さっそく来場者の人気を集めている。

 赤ちゃんは体長65センチ、体重8.9キロ。クリーム色の産毛で、甘えるように「ンー、ンー」と鳴いている。体毛がゴマ模様に生え変わる3週間後ごろに性別が判明す…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです