メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つぶらな瞳、甘えるように「ンー、ンー」 ゴマフアザラシの赤ちゃんが人気 山形・鶴岡

ひなたぼっこ中の母親ゆき(左)と赤ちゃん=山形県鶴岡市で2019年3月25日、長南里香撮影

 山形県鶴岡市今泉の市立加茂水族館で25日朝、ゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれた。つぶらな瞳で岩場に寝そべり、さっそく来場者の人気を集めている。

 赤ちゃんは体長65センチ、体重8.9キロ。クリーム色の産毛で、甘えるように「ンー、ンー」と鳴いている。体毛がゴマ模様に生え変わる3週間後ごろに性別が判明す…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです