メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「いじめ認定、自殺原因の可能性」 熊本・高3自殺で最終報告

 熊本県北部の県立高校3年の女子生徒(当時17歳)が昨年5月、いじめを受けていたことをほのめかす遺書を残して自殺した問題で、県教育委員会が設置した第三者委員会「県いじめ防止対策審議会」は26日、他の生徒から女子生徒へのいじめがあったと認定し、自殺の原因になった可能性があるとする最終報告書を宮尾千加子教育長に提出した。

 遺族などによると、女子生徒は昨年5月17日に体調不良を訴えて学校を早退。自宅で倒れているのを祖母が見つけ、18日未明に死亡した。遺書には「『死ねばいい』『よく学校に来られる』と言われた」と書き残され、生前、写真共有アプリ「インスタグラム」の「フォロワー数の多さをねたまれている」と家族に相談していた。

 審議会は、女子生徒が自殺を図った当日の5月17日午前、2年生の男子生徒が投稿した「インスタグラム」の動画に女子生徒が映り込んでいたことを他の生徒たちが非難していたと指摘。他の生徒らが女子生徒の近くで「(他の男子生徒と)付き合ってるのに駄目じゃない」「死ねばいい」「視界から消えてほしい」といった会話をしたことをいじめと認定した。

 生徒らが女子生徒をその男子生徒のところに連れて行き、女子生徒が動画に偶然映り込んだのかどうか確認した行為についても、「(女子生徒が)心理的苦痛を感じたことは明らか」と判断した。

 審議会は、こうした行為が17日午前の短い時間に集中したことから、女子生徒が「心理的視野狭窄(きょうさく)を起こしていた」と推察し、遺書の記述などからも自殺を図るほど精神的に追い詰めた可能性があると結論づけた。

 審議会は医師や弁護士ら6人で構成。昨年6月以降、いじめの有無や自殺との因果関係を調べていた。【中里顕】

「生きていたこと知ってほしい」両親が写真と名前公表

 審議会の最終報告書がまとまったことを受け、両親は「娘が生きていたことを知ってほしい」として女子生徒の写真と「知華(ともか)」という名前を公表した。

 熊本県庁で記者会見した父親(43)は「知華の名誉を回復できた」と最終報告書の内容を評価し、「知華は悪くなかったよ。守ってあげられなくてごめん」と声を詰まらせた。母親(45)も「寄り添っていただいた。ともちゃんの声が届いたよと伝えたい」と語った。

◇いじめなどの相談窓口

・24時間子供SOSダイヤル=0120・0・78310(なやみ言おう)、年中無休、24時間

・児童相談所全国共通ダイヤル=189(いち早く)、年中無休、24時間

・子どもの人権110番=0120・007・110、平日午前8時半~午後5時15分

・チャイルドライン=0120・99・7777、月~土曜の午後4~9時(18歳まで)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです