メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省、小学教科書の検定結果公表 全教科で「深い学び」、ページ数14%増

文部科学省=東京都千代田区で2018年7月、長谷川直亮撮影

 文部科学省は26日、2020年度から使われる小学校の教科書の検定結果を公表した。20年度から全面実施される新学習指導要領に対応する初めての教科書。地図を除く全ての教科書に、討論や課題探求を重視する「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング=AL)を実践するための工夫が施され、思考力の育成に向けた内容へと大きく様変わりした。全教科の平均ページ数の合計は現行本と比べ14.2%(英語を除くと10.0%)増え、過去最多となった。

 新たに教科化される英語も含めた11教科で164点の申請があり、全て合格した。内容が指導要領に沿って…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです