メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

領土「固有」で統制 教科書検定 竹島・尖閣表記

 2020年度から使われる小学校の社会の教科書には、日本の領土を巡る記述について複数の検定意見が付き、各教科書会社が修正した。

 社会では「竹島(島根県)」「尖閣諸島(沖縄県)」「北方領土」について、5、6年生の教科書全6点と、3~6年生の地図の全2点が「固有の領土」と記載した。中学校や高校の教科書はこれまでも領土について詳しく記述していたが、新学習指導要領では小学校でも「領土の範囲」を指導するよう明確な基準が示された。

 現行指導要領の解説書には、北方領土を「固有の領土」として取り扱うよう示されているが、竹島と尖閣諸島…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです