息子の遺品身につけ山に「同じ景色見たい」 那須雪崩事故2年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
追悼式に出席し、現場の茶臼岳を見上げながら手を合わせる鏑木悠輔さんの父浩之さんと母恵理さん=栃木県那須町湯本で2019年3月26日午前11時37分、萩原桂菜撮影
追悼式に出席し、現場の茶臼岳を見上げながら手を合わせる鏑木悠輔さんの父浩之さんと母恵理さん=栃木県那須町湯本で2019年3月26日午前11時37分、萩原桂菜撮影

 栃木県那須町の茶臼岳で2017年3月、県立大田原高校の生徒ら8人が死亡した雪崩事故は、27日で発生から2年となる。同校2年だった鏑木(かぶらぎ)悠輔さん(当時17歳)を亡くした父浩之さん(53)と母恵理さん(51)は事故後、山を愛した息子が残したグレーのリュックや青いポーチなどを身につけて登山を続け、面影を追いかけている。

 きっかけは一枚の集合写真だった。悠輔さんが16年7月に南アルプス・北岳に登った際のもので、美しい雲海が写っていた。「いつか家族で登りたいね」。そんな約束を交わし夫婦で山に登るようになった。事故は約束を実現する前に起きた。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文804文字)

あわせて読みたい

注目の特集