メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

毎日新聞・共同通信新取材ヘリ、3月から就航

 毎日新聞社と共同通信社が東京・羽田空港で共同で運航している取材ヘリに、この3月から最新鋭機「エアバスH135T3H」が導入される。「はばたき」と命名されたこのヘリコプターは、今後、多くの現場へ飛び、その状況を伝えてくれるはずだ。運航する毎日新聞社航空部のパイロットや整備士、製造会社の日本法人「エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン」の教官などへのインタビューから「はばたき」の特徴を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り2510文字(全文2706文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです