仲邑菫さん「世界で戦える棋士になりたい」 新入段者に免状授与 日本棋院

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 囲碁の日本棋院は26日、東京都千代田区の同棋院で合同表彰式を開き、4月1日に史上最年少でプロ入りする仲邑菫(なかむら・すみれ)・新初段(10)ら13人の新初段に免状を授与した。緊張した面持ちで免状を受け取った仲邑新初段は「世界で戦える棋士になりたい」とあいさつした。

 合同表彰式は、長年囲碁界に貢献した人や、昨年活躍した棋士らを表彰するもの。新入段者も参加し、プロ入りの証しとなる免状を受け取った。同棋院が英才特別採用棋士、女流特別採用推薦棋士といった新制度…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

あわせて読みたい

注目の特集