メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仲邑菫さん「世界で戦える棋士になりたい」 新入段者に免状授与 日本棋院

 囲碁の日本棋院は26日、東京都千代田区の同棋院で合同表彰式を開き、4月1日に史上最年少でプロ入りする仲邑菫(なかむら・すみれ)・新初段(10)ら13人の新初段に免状を授与した。緊張した面持ちで免状を受け取った仲邑新初段は「世界で戦える棋士になりたい」とあいさつした。

 合同表彰式は、長年囲碁界に貢献した人や、昨年活躍した棋士らを表彰するもの。新入段者も参加し、プロ入りの証しとなる免状を受け取った。同棋院が英才特別採用棋士、女流特別採用推薦棋士といった新制度…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです