メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「詰め込み」の危険性 学校現場、働き方改革逆行 小学校教科書検定

各教科書は新学習指導要領に基づいて「主体的・対話的で深い学び」を意識して編集された=東京都千代田区で、内藤絵美撮影

 2020年度から使用される小学校の教科書は、全教科で「主体的・対話的で深い学び」(アクティブラーニング=AL)に対応した仕様となった。学びの質が大きく変わることに加え、現行学習指導要領への改定で打ち出された「脱ゆとり」は踏襲され、教科書のページ数は増加の一途をたどる。新たな「詰め込み」につながる危険性や画一的な指導になるとの懸念に加え、学校現場からは働き方改革に逆行して負担増になるとの不安の声も聞かれる。【伊澤拓也】

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです