メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「詰め込み」の危険性 学校現場、働き方改革逆行 小学校教科書検定

各教科書は新学習指導要領に基づいて「主体的・対話的で深い学び」を意識して編集された=東京都千代田区で、内藤絵美撮影

 2020年度から使用される小学校の教科書は、全教科で「主体的・対話的で深い学び」(アクティブラーニング=AL)に対応した仕様となった。学びの質が大きく変わることに加え、現行学習指導要領への改定で打ち出された「脱ゆとり」は踏襲され、教科書のページ数は増加の一途をたどる。新たな「詰め込み」につながる危険性や画一的な指導になるとの懸念に加え、学校現場からは働き方改革に逆行して負担増になるとの不安の声も聞かれる。【伊澤拓也】

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです