メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「スペースワン」 和歌山に民間ロケット発射場を建設 21年完成予定

打ち上げる小型ロケットのイメージ図=スペースワン社提供

 キヤノン電子などでつくる民間会社「スペースワン」(東京)は26日、本州最南端の和歌山県串本町に、日本初の民間ロケット発射場を建設すると発表した。世界的な宇宙ビジネスの拡大をにらみ、小型ロケット専用の発射場を整備し、小型人工衛星を打ち上げる「商業宇宙輸送サービス」を提供する。2021年完成予定で、同年度中の打ち上げを目指す。

 スペースワンは、IHIエアロスペースや清水建設、日本政策投資銀行も出資し、昨年7月に設立された。発表によると、小型ロケットは現在開発中で、全長約18メートル、重量約23トンになる見込み。重さ数キロから150キロの人工衛星の打ち上げ能力があり、20年代半ばには年間20機の打ち上げを計画する。

ロケット発射場建設予定地

 同社や県などによると、建設予定地は町中心部から北東10キロ余りの田原地区の約15ヘクタール。打ち上げに適した南側が海に面して島もなく、周囲に民家が少ないことや、地元の協力が得られることなどから選ばれた。発射台に加え、ロケットや人工衛星の組み立て施設、道路などを整備する。約7割を占める町有地は町が無償で貸与する方針で、残りの私有地なども取得のめどが立ったという。

 和歌山県庁で仁坂吉伸知事と記者会見した同社の太田信一郎社長は、契約から打ち上げまでの期間を従来の2年程度から1年以内に短縮することを目指すとし、「顧客の好きな時に打ち上げられる柔軟性が強みだ」と述べた。【阿部弘賢】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです