最古じゃなかった 丸岡城天守は寛永年間に建造 坂井市教委調査 福井

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
現存天守では最古との説もあった丸岡城。調査の結果、寛永年間に整備され、最古ではなかった=福井県坂井市で2019年3月26日午後0時37分、岸川弘明撮影
現存天守では最古との説もあった丸岡城。調査の結果、寛永年間に整備され、最古ではなかった=福井県坂井市で2019年3月26日午後0時37分、岸川弘明撮影

 現存最古との説もあった国重要文化財、丸岡城の天守(福井県坂井市)について部材の柱などを調査したところ、江戸期の寛永年間(1624~44年)に建造されたことが判明した。同市教委が26日、発表した。

 城が築かれたのは1576年と伝えられるが、天守の建築年代は不明だった。1600年以前に建造された現存天…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

あわせて読みたい

ニュース特集