メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大で論文不正、男性教授に撤回勧告 教授「ケアレスミス」と主張

 京都大は26日、大学院理学研究科の男性教授が2016年に米科学誌「サイエンス」に発表した熊本地震に関する科学論文で、データの改ざんや盗用などの不正があったと発表した。京大は「故意であるか否かは判断できなかった」としているが、男性教授に論文撤回を勧告した。近く懲戒処分する方針。

 論文は林愛明(りん・あいめい)教授(地震地質学)が筆頭・責任著者で16年10月に発表した。同年4月発生の熊本地震で、震源地から北東方向に「横ずれ」した断層の破壊拡大が、熊本県の阿蘇山の地中にある「マグマだまり」によって止められた可能性が高いとする内容だった。

 京大によると、17年8月に「多数のミスや、データの不正使用による改ざんの疑いがある」と通報があり、…

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです