メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大で論文不正、男性教授に撤回勧告 教授「ケアレスミス」と主張

 京都大は26日、大学院理学研究科の男性教授が2016年に米科学誌「サイエンス」に発表した熊本地震に関する科学論文で、データの改ざんや盗用などの不正があったと発表した。京大は「故意であるか否かは判断できなかった」としているが、男性教授に論文撤回を勧告した。近く懲戒処分する方針。

 論文は林愛明(りん・あいめい)教授(地震地質学)が筆頭・責任著者で16年10月に発表した。同年4月発生の熊本地震で、震源地から北東方向に「横ずれ」した断層の破壊拡大が、熊本県の阿蘇山の地中にある「マグマだまり」によって止められた可能性が高いとする内容だった。

 京大によると、17年8月に「多数のミスや、データの不正使用による改ざんの疑いがある」と通報があり、調査委員会が本人への聞き取りを含め調べていた。

 その結果、論文の中で、阿蘇カルデラの図が引き伸ばされているのが確認された。また、防災科学技術研究所のデータを引用しながら出典を記載していなかった▽東京大地震研究所の図を反転させていた――など、論文の結論を導き出すのに重要な役割を果たしている四つの図に10カ所の盗用・改ざんが確認されたとしている。さらに、他にも細かいミスが数十点あったという。

 論文作成は林教授がほとんど1人で行ったといい、共著者の不正への関与はないと判断した。

 林教授は大学の聞き取りに対し、調査委員会が指摘した図表の間違いは認めたが、「結論は変わらない」「ケアレスミスだ」と主張しているという。

 記者会見した湊長博副学長は「ミスを直すチャンスはいくらでもあった。研究者としてわきまえるべき基本的な注意義務を著しく怠った」と指摘した。

【菅沼舞】

   ◇

 毎日新聞は2016年10月21日付で、この論文の内容を紹介する記事「阿蘇マグマ『横ずれ』止めた」を掲載しました。京都大の発表を受け、記事を削除します。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです