DAYS最終号「検証報告」に批判 被害実態の調査や検証なく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
広河氏による性暴力の検証報告を掲載した最終号の表紙
広河氏による性暴力の検証報告を掲載した最終号の表紙

 フォトジャーナリストの広河隆一氏が月刊誌「DAYS JAPAN」の女性スタッフらに性行為や裸の写真撮影を強要したとされる問題について、休刊する同誌の最終号(20日発売)が掲載した検証報告に「検証の体をなしていない」と批判が出ている。今回の問題を受けて結成された検証委員会による経過報告は広河氏の面談調査が中心で、被害実態の調査や検証はない。編集部の元スタッフらが連携して独自に被害を検証する動きも始まっており、問題は収束していない。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2755文字(全文2991文字)

あわせて読みたい

注目の特集