メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ミス数えきれず」 会見で大学側おわび 京都大不正

 科学への信頼を揺るがす不正が、西の最高学府で確認された。京都大大学院理学研究科の林愛明(りん・あいめい)教授らがまとめた熊本地震(2016年4月)に関する研究論文で、データの盗用・改ざんが見つかったとして、大学側が26日夜に開いた記者会見。潮見佳男副学長らは「極めて遺憾で心よりおわび申し上げる」と頭を下げた。

 問題の論文は16年10月に発表された。阿蘇山地下の「マグマだまり」が、地震で横ずれした断層の破壊拡大の進行を防いだとの内容。京大によると、論文の結論に関係する部分に盗用・改ざんが10カ所確認され、地震発生日の日付を1カ月間違えるなどしていた。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 和田アキ子『アッコにおまかせ!』でギネス記録認定 生バラエティーの同一司会者最長34年357日

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. この国に、女優・木内みどりがいた <6>急逝2カ月半前 パキスタンのスラムで何を見たのか

  5. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです