メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中島が決勝ゴール 森保ジャパンがボリビア破る

【日本-ボリビア】後半、ゴールを決め喜ぶ中島(右から2人目)=ノエビアスタジアム神戸で2019年3月26日、久保玲撮影

 サッカーの国際親善試合キリンチャレンジカップが26日、神戸・ノエビアスタジアムで行われ、日本代表(国際サッカー連盟ランキング27位)はボリビア(同60位)に1―0で勝利した。

 日本は後半31分、途中出場した中島翔哉(アルドハイル)が先制ゴール。これが決勝点となった。

 日本代表は2月のアジア・カップ決勝カタール戦からの国際Aマッチの連敗を2で止め、森保監督就任後の通算成績は11勝1分け2敗となった。

 次の活動は6月で、国内での国際親善試合を経て、南米選手権(ブラジル)に招待出場する。

 日本・森保監督 経験が浅くても、良い選手がいるということを勝利で示してくれた。勝てたのは良かったが、無失点のまま、複数の得点ができるようにチーム力を上げていきたい。

 ボリビア・ビジェガス監督 日本が攻撃で我々を上回っていたと認めないといけない。プレスを受けて自陣でもボールを保持するのが難しかった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです