メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

麻薬など詰めたネズミの死骸を塀の中へ、英国で受刑者に投げ届け

 3月25日、英国南西部の刑務所で、ネズミの死骸に麻薬や携帯電話、現金などを詰めて外部から刑務所内に投げ込み、受刑者に違法に届ける行為が組織的に行われていた疑いがもたれている。写真は見つかった死骸。写真は司法当局が25日に提供(2019年 ロイター)

[PR]

 [ロンドン 25日 ロイター] - 英国南西部ドーセットの刑務所で、ネズミの死骸に麻薬や携帯電話、現金などを詰めて外部から刑務所内に投げ込み、受刑者に違法に届ける行為が組織的に行われていた疑いがもたれている。

     25日の政府発表によると、この刑務所の警備員らが、腹部に長い縫い目のあるネズミ3匹の死骸を見つけて不審に思ったところ、内臓が摘出されており、体内から携帯電話5台、充電器、SIMカード、たばこ用巻紙、大量の麻薬などが出てきたという。

     死骸がいつ発見されたかは明らかにされていない。

     2018年3月までの1年間に没収された麻薬、携帯電話、SIMカードは、それぞれ23%、15%、13%増加した。この時点で、新しい幻覚剤を含む薬物反応が陽性だった受刑者は20%余りに上った。

     過去には、テニスボールやハト、ドローンなどを使って受刑者に違法な差し入れを試みた例がある。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

    2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

    3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

    5. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです