メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4月から6月の沖縄地方、平均気温が高くなる見通し /沖縄

見頃を迎えているカエンボク

 沖縄気象台は25日、沖縄地方の向こう3カ月(4~6月)の天候見通しを発表した。フィリピン付近での太平洋高気圧の張り出しが強く、平均気温は平年より高くなる見込み。降水量は平年並みか多い予想。

     同気象台によると、南米ペルー沖で海面水温が高くなるエルニーニョ現象が昨年9月から続いており、今夏まで続くとみられる。

    (琉球新報)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
    2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
    3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
    4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
    5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです