メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

オープンカーの小さな巨人! マツダ・ロードスターの30周年記念モデルの予約受付開始

情報提供:カートップ

オープンカーの小さな巨人! マツダ・ロードスターの30周年記念モデルの予約受付開始

日本国内は限定150台の販売

 マツダは2月のシカゴオートショーで公開した車両の国内仕様となる「ロードスター30周年記念車」の商談予約受付を専用ページで開始した。30周年記念車は世界3000台の台数限定で、日本国内では150台が販売される。

ロードスター

 1989年に誕生したロードスターは30年に渡り、初代から4代目までこれまでの累計生産台数は100万台を超える、歴史のあるモデル。今回はロードスターの誕生30周年を記念して、ボディカラーには心が沸き立つ一日の始まりを想起させる朝焼けのようなオレンジ系の専用色「レーシングオレンジ」を採用し、2つのルーフタイプの特別仕様車を設定した。また、30周年刻印入りの特別ホイールや、オレンジをアクセントとしたカラーコーディネートを施し、アルカンターラをインパネ、シート表皮などに装備した。

ロードスター

 国内販売台数は「ロードスター」110台、「ロードスターRF」40台のあわせて150台を予定する。ウェブページでの受付はソフトトップモデルが4月5日(金)〜4月15日(月)、リトラクタブルハードトップモデルが5月27日(月)〜6月10日までで、店頭商談期間も設けている。応募多数の場合は抽選を予定している。

ロードスター

 ロードスターは6速MTのみで、368万2800円、ロードスターRFは2グレード展開で、6速ATモデルが426万600円、6速MTモデルが430万3800円という価格設定だ。

ロードスター

 このロードスターは、千葉県・幕張メッセで2019年4月5日から7日に開催される「オートモビルカウンシル2019」にて、ロードスターRFは、マツダブランド発信拠点である「マツダブランドスペース大阪」で4月5日(金)より展示するので、ぜひ実車を確認してほしい。

※写真は「MX-5」30周年記念車含む

■「ロードスター30周年記念車」の概要

ベース車

・ソフトトップモデル「ロードスター」: RS(MT車)
・ リトラクタブルハードトップモデル「ロードスターRF」: RS(MT車)、VS(AT車)

特別装備

・ ボディカラー:レーシングオレンジ
・ RAYS社製*3鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)<30TH ANNIVERSARY 刻印入り>
・“30TH ANNIVERSARY”オーナメント(シリアルナンバー付)
・オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、エアコンルーバーベゼル、 ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー、パーキングブレーキレバー など)
・ レカロ社製シート
・ ビルシュタイン社製ダンパー(MT車のみ)
・ ブレンボ社製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
・ ニッシン社製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
・ ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT™2)+9スピーカー
・ アルカンターラをドアトリムやインパネ、シート表皮に採用

予約受付サイト

https://www.mazda.co.jp/beadriver/special/roadster_30th/


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです