メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

お金が舞った狂気の時代! バブル時代でなければ誕生しなかった国産車4選

情報提供:カートップ

お金が舞った狂気の時代! バブル時代でなければ誕生しなかった国産車4選

街中に高級外車が溢れた時代は日本車も華やか!

 1986年から1991年ごろまで、空前の好景気となった日本。残念ながら当時は子どもだったため、好景気の恩恵にあずかることはできなかったが、BMW3シリーズが「六本木カローラ」、メルセデスベンツの190Eが「赤坂サニー」と言われるほど町中に高級外車が走り回っており、週末になるとタクシーを止めるのに一万円札を振り回す光景が見られたというから、どれだけ日本中が浮かれていたかが分かるだろう。

 もちろん、国産車もこの好景気に後押しされて、さまざまな名車や迷車が数多く生み出されていた。そこで今回はバブル時代に登場した印象的なモデルをご紹介しよう。

1)マツダ(ユーノス)コスモ

 マツダのスペシャリティカーとして存在していたコスモだが、1990年にデビューした4代目は再びラグジュアリーなクーペとして登場。3ナンバーサイズのゆったりとしたボディサイズはどこかアメ車をも感じさせる優雅なものだったが、やはり一番のトピックは現在に至るまで市販車で唯一となった3ローターシーケンシャルツインターボエンジンを搭載した20Bだろう。

バブル時代のクルマ

 V12エンジンに匹敵すると言われたなめらかさを持つ3ローターエンジンは、カタログ燃費ですら6.1km/Lという極悪仕様。さすがに大人気車種とはならなかったが、こういったクルマを販売にまで漕ぎつけてしまう勢いが当時はあったということだろう。

バブル時代のクルマ

2)日産シーマ

 日産の高級セダンであるセドリック/グロリアの上級車種として登場したにもかかわらず、「シーマ現象」と言われるほど爆発的な大ヒットを記録したのがこの初代シーマだった。

バブル時代のクルマ

 本来であれば後部座席にVIPを乗せて走るショーファードリブン的なポジションの車種にも関わらず、255馬力を発生するターボエンジン搭載車がリアを沈ませながら猛然と加速する姿に魅了され、自らステアリングを握ったオーナーも少なくなかったそうだ。

バブル時代のクルマ

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです