メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

大企業の社長なのにサーキットを疾走! トヨタ&ホンダの社長が自らクルマ・バイク好きをアピールするワケ

情報提供:カートップ

大企業の社長なのにサーキットを疾走! トヨタ&ホンダの社長が自らクルマ・バイク好きをアピールするワケ

社長が「カーガイ」であることはブランディングとしても有効

 先日、鈴鹿サーキットにて開催されたモータースポーツファン感謝デーにて、トヨタの豊田章男社長とホンダの八郷隆弘社長がイベントに登場し、デモランまで披露した。豊田社長は世界ラリー選手権で活躍するヤリスWRCを、八郷社長は二輪のル・マン耐久レースの優勝マシンであるCBR1000RRを駆って、鈴鹿に集まったファンの前に登場した。

クルマ好き

 いずれもレーシングマシンであり、ズブの素人がカンタンに動かせるものではない。おふたりとも、かなりのスキルの持ち主といえる。逆にいえば、これほどバリバリのレーシングマシンは、いくらお金を積んでも乗れるものではない。その意味ではトップだからこそ乗れるという意味で、クルマ好き、バイク好きからすると羨ましくもあるだろう。

クルマ好き

 それにしても、自動車メーカーのトップで、このように自動車やバイクに乗るのが本当に好きなんだな、と感じさせる人は珍しい。トヨタの御曹司でもある豊田章男氏は社長就任以前からお忍びでレースに参加(そのため「モリゾウ」というドライバーネームを使っていた)ことでも知られている。また、ホンダは前社長の伊東孝紳さんからしてクルマ好き、バイク好きを公言していた。

クルマ好き

 一方で、あくまで経営者に徹して、運転免許さえ有していない自動車会社のトップもいる。株主などステークホルダーからすると経営者は売上や利益を高めてくれればいいわけで、クルマ好き、バイク好きである必要性はないという見方もあるだろう。むしろ、豊田社長が「モリゾウ」と偽名を使わざるを得なかったように、レースに出ることを反対する声もある。今回のデモランにしてもケガのリスク、公衆の面前でのアクシデントによる悪影響などを考えれば、大きな決断だったといそうだ。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです