メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

ファーウェイ排除せず 5G対応 判断、加盟国に委ね

 【ロンドン三沢耕平】欧州連合(EU)の欧州委員会は26日、域内で整備する次世代通信規格「5G」ネットワークに関する対応策をまとめた。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を採用するか否かの判断については各加盟国に委ねることとし、ファーウェイの排除を強く求めていた米国とは距離を置く決定となった。

 欧州委の決定によると、特定の企業の排除については加盟各国が「自国の基準や法律に照らして排除する権利を持つ」とし、EUとしての統一した対応には踏み切らない。加盟国は6月までに5Gネットワークに関するリスクを分析。ファーウェイを選んだ場合に生じる問題も含めて情報を共有し、EUとしての対策を今年中にまとめることを目指す。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 7割がプラごみ 琵琶湖の湖底清掃、レジ袋最も多く 滋賀県調査

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです