メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

ピエール瀧容疑者出演、作品自粛は過剰?当然? 松竹撮り直し、NHK代役VS東映ノーカット

映画「麻雀放浪記2020」の一場面。左はピエール瀧容疑者=東映提供

 麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者(51)の出演映画やテレビ番組の撮り直しや放送中止が続くなか、東映は出演映画「麻雀放浪記2020」をノーカットで上映することを決めた。事件の当事者となった俳優と作品の扱いを巡り、苦悩の決断だったという。真意を聞いた。【小林祥晃、井上知大】

 「(こうした事件の時に)スタッフ、役者が総力を挙げた作品をボツにしていいのか疑問に思っていた。ただ…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1228文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです