メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

漫画家・魔夜峰央さん 上京のはずが「翔んで埼玉」

魔夜峰央さん=山下浩一撮影

 東京に住んだこと、一度もないんですよ。あえて避けたわけじゃなく、縁がなくて。

 過去に2回、「住もう!」と思ったことはあるんです。最初は新潟から上京する時。1978年に、ギャグ漫画「パタリロ!」の連載が始まり、どんどん仕事量が増えた頃で。「そろそろ東京に出たいなあ」と漫画雑誌でお世話になっていた当時の編集長に相談しました。すると、「同業者が多く、交通の便がいい西武線沿線がいい」と埼玉県所沢市に住むことを勧められたんです。アドバイスに従うと、編集長をはじめ、編集幹部のお宅が自宅のすぐ近くにあったんですよ。「原稿が遅れたら催促に来るのではないか」と恐怖を感じました。

 「上京」のつもりが、結果として埼玉住まいになりました。そのお陰でヒット中の映画「翔(と)んで埼玉」…

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  5. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです