メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸時評

3月 私のおすすめ 倉本さおり(書評家)

(1)辻村深月『傲慢と善良』(朝日新聞出版)

(2)鴻巣友季子『謎とき「風と共に去りぬ」-矛盾と葛藤にみちた世界文学-』(新潮社)

(3)キム・ヘジン著、古川綾子訳『娘について』(亜紀書房)

「結婚」という言葉の枷

 言葉の先には細かな鎖がぶらさがっていて、他者の感覚やイメージを引っぱり上げることで理解を可能にさせてくれる。だが、「結婚」のような言葉だと、その鎖がじゃらじゃらと重たいせいで、時に枷(かせ)となってしまうことがある。

 (1)はジェイン・オースティンの『高慢と偏見』を下敷きに、現代の婚活事情の息苦しさを緻密に描いた異色のミステリー。「傲慢」と「善良」という一見相容(あいい)れない様相が、「自分の価値観」なる軛(くびき)によって奇妙な姿で併存してしまう社会に篤実な警鐘を鳴らしている。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです