連載

文芸時評

毎日新聞デジタルの「文芸時評」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

文芸時評

3月 私のおすすめ 編集部

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

(1)吉田修一『続 横道世之介』(中央公論新社)

(2)町屋良平『ぼくはきっとやさしい』(河出書房新社)

 若者像を描いた2作が心に残った。(1)は映画化もされた人気作の10年ぶりの続編。五輪の開かれる2020年から21年までの東京で、20代の主人公と周囲の人々の、変化する日常をつづる。読み進めるのが楽…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集