メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

副音声でビジター側に BS12トゥエルビのプロ野球中継プロデューサー 池上直樹さん

池上直樹さん=屋代尚則撮影

 BS12トゥエルビは2008年から、プロ野球パ・リーグのチームの主催試合を放送している。実況や解説はホーム(主催)チーム寄りになりがち。そこで、副音声で対戦するビジターチームのファン向けの実況や解説を流している。例えば、千葉ロッテ主催の福岡ソフトバンク戦では、副音声でソフトバンクの元選手が解説する。地上波やCS放送、ネット配信と中継も多様化。その中で「視聴者の選択肢に入る」ことを強く意識している。「ホームのファンは主音声で、ビジターのファンは副音声で聴いて」とアピールする。

 自身は横浜DeNAのファン。北海道日本ハムの主催試合で、近藤祐司の日ハム寄りの実況を聞き、「逆に相…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文777文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 運転免許返納 入浴料割引、ドリンクサービスも 横浜・天然温泉満天の湯 /神奈川
  4. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  5. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです