メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

気仙沼大島大橋、来月7日開通 島に大きな転換期 暮らしに与える影響は未知数 /宮城

 風光明媚(めいび)な漁業の島として知られる気仙沼市の大島と本土を結ぶ「気仙沼大島大橋」(全長356メートル)が4月7日に開通する。これまで島の生活は船により支えられてきたが、東日本大震災では一時孤立状態に陥るなど、「島」だからこその苦難にも見舞われた。

 東北最大の有人島である大島で、架橋を求める動きが始まったのは1950年代。67年には県の計画に盛り込まれたが、「自然が荒らされる」などと反対する住民も少なくなく、長年停滞してきた。

 しかし、60年代に5500人を超えた島の人口は2011年には約3200人まで減少。「大島汽船」の定期船が1日16往復しているが、高齢化により救急艇の出動回数が増加し、搬送時間や悪天候時の運航が課題になっていた。また、船で本土の職場に通う人が増え、大島に住む郷土史家の千葉勝衛さん(92)は「昔は多くの子供たちが漁を指揮する『船頭』に憧れたが、今はほとんどいなくなった」と価値観の変化を指摘する。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです