メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハタハタ漁

北部日本海4県漁業関係者、協定更新 /秋田

 日本海北部でハタハタ漁を行う秋田、青森、山形、新潟の4県の漁業関係者が、ハタハタの資源管理について話し合う「北部日本海海域ハタハタ資源管理運営協議会」が26日、秋田市であった。4県の代表者が参加し、ハタハタの資源保護のための取り組みなどを定めた協定を更新した。

 4県は、漁獲量が減少しているハタハタの資源保護のため1999年から「北部日本海海域ハタハタ資源管理協定」を結んでいる。協定は5年ごとに更新しており、体長15センチ未満のハタハタを捕獲しないことや、網にかかった場合はすぐに放流…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです