氏邦桜

寄居・鉢形城跡で満開 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
満開となった氏邦桜を緋毛氈のベンチに座って眺める家族連れら=埼玉県寄居町鉢形の鉢形城公園で2019年3月23日、中山信撮影
満開となった氏邦桜を緋毛氈のベンチに座って眺める家族連れら=埼玉県寄居町鉢形の鉢形城公園で2019年3月23日、中山信撮影

 寄居町の鉢形城跡にある町天然記念物のエドヒガン桜が満開となった。町は樹齢150年を超えて見事な樹形で知られる巨木の桜を多くの人に知ってもらおうと、最後の城主だった北条氏邦(うじくに)にちなんで「氏邦桜」の愛称を付け、塩漬けにした桜の花を湯に浮かべた桜湯を飲みながら緋毛氈(ひもうせん)を敷いたベンチ…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文375文字)

あわせて読みたい

注目の特集