メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県 職員1710人異動 女性管理職は過去最高 /石川

 県は26日、4月1日付の人事異動を発表した。総数は前年並みの1710人。課長級以上の管理職ポストに就く女性職員は21人(前年比2人増)で、管理職全体に占める女性の割合は過去最高の11・6%(同0・4ポイント増)となった。

 2023年春の北陸新幹線県内全線開業に向け、新幹線・交通対策監室に「開業企画課」を新たに設置。専任職員を3人置くほか、関係部局の8人を兼務させるなどして関連事業に取り組む。また、20年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーの準備が本格化することから、スポーツ振興課に専任職員3人を配置し「聖火リレー班」を新設する。

 県教委も26日、一般行政職員336人の異動を発表した。

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです