メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しらかば帳

コンビニの功罪 /長野

 コンビニ大手セブン-イレブン・ジャパン(東京)が働き方改革で揺れている。コンビニ店舗のオーナーが人手不足のため24時間営業の短縮を求めたりし、県内では、社員が同社社長らを労働基準法違反の疑いで長野労働基準監督署に刑事告訴した。

 利用者目線に立つと、24時間営業のコンビニは生活に不可欠だ。日用品の購入や銀行口座の利用など、1人暮…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです