メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

リーサス(地域経済分析システム)って何? /滋賀

リーサスの研修で人口ピラミッドの過去と将来比較などをする滋賀県高島市の職員=同県彦根市の滋賀大データサイエンス学部で、塚原和俊撮影

官民のデータ集積、グラフで「見える化」 政策立案支援へ国が提供、市民にも開放

 なるほドリ 「リーサス」と呼ばれる「地域経済分析システム」について、高島市の若手職員が滋賀大データサイエンス学部で研修したそうだね。画期的なシステムのようだけどどんなもの?

 記者 「リーサス(RESAS)」とは「Regional Economy Society Analyzing System」の略語で、「地域の経済や社会について分析するシステム」の意味です。国(内閣官房「まち・ひと・しごと創生本部」)が地方自治体の取り組みを情報、データ面から支援するために2015年4月に提供し始めました。地方創生が叫ばれ、自治体がビジョンや計画、個々の政策などを策定する際、その地域の現状と課題をデータに基づいて把握できるようにと開発されました。

 Q リーサスにはいろんなデータが詰まっているの?

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1483文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  2. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 加藤浩次さん「気持ちは決まっている」「まだごまかそうと」吉本社長会見を批判
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです