メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都内の新たな感染者 過去最多の224人
中国残留孤児

祖国で安眠できる 共同墓地完成 神戸市が用地無償提供 竣工式 /兵庫

完成した中国残留孤児の共同墓地と記念碑=神戸市垂水区舞子陵の市立舞子墓園で、峰本浩二撮影

 中国残留孤児のための共同墓地と記念碑が神戸市垂水区の市立舞子墓園に完成し、26日、竣工(しゅんこう)式があった。残留孤児や支援者ら約100人が参列。2015年ごろから共同墓地の設置に向けて活動してきた「県中国帰国者の会」のメンバーらは「これで安心して祖国で眠ることができる」と完成を喜んだ。【峰本浩二】

 共同墓地は神戸市が約9平方メートルの区画を無償提供。墓も記念碑も青御影(みかげ)石製で、墓には「兵庫県中国帰国者公墓」と彫り込まれた。記念碑には国家賠償訴訟の経緯など苦難の道のりが記された。約40人が納骨を希望している。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

  5. ORICON NEWS 『長谷川町子記念館』11日開館へ 生誕100年記念『サザエさん』などの世界観堪能

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです