中国残留孤児

祖国で安眠できる 共同墓地完成 神戸市が用地無償提供 竣工式 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成した中国残留孤児の共同墓地と記念碑=神戸市垂水区舞子陵の市立舞子墓園で、峰本浩二撮影
完成した中国残留孤児の共同墓地と記念碑=神戸市垂水区舞子陵の市立舞子墓園で、峰本浩二撮影

 中国残留孤児のための共同墓地と記念碑が神戸市垂水区の市立舞子墓園に完成し、26日、竣工(しゅんこう)式があった。残留孤児や支援者ら約100人が参列。2015年ごろから共同墓地の設置に向けて活動してきた「県中国帰国者の会」のメンバーらは「これで安心して祖国で眠ることができる」と完成を喜んだ。【峰本浩二】

 共同墓地は神戸市が約9平方メートルの区画を無償提供。墓も記念碑も青御影(みかげ)石製で、墓には「兵庫県中国帰国者公墓」と彫り込まれた。記念碑には国家賠償訴訟の経緯など苦難の道のりが記された。約40人が納骨を希望している。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文681文字)

あわせて読みたい

注目の特集