メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火入れ

三瓶山に春の訪れ 西の原 /島根

火入れで燃え広がる草原=島根県大田市三瓶町で、柴崎達矢撮影

 大田市三瓶町の三瓶山・西の原で26日、春の訪れを告げる恒例の「火入れ」があった。草原の維持や山林火災防止などが目的。枯れススキなどに放たれ、燃え広がる火を観光客らが見守った。

 昨年の火入れでは、消防車両1台に燃え移り全焼するトラブルが発生。そこで今回は草原の中央部を刈って防火帯にしたり、風速や風向…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです