メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県教委2990人異動 岡山市教委は総勢738人 /岡山

 県教委と岡山市教委は26日、教職員の人事異動(4月1日付)を発表した。県教委は総勢2990人、市教委は総勢738人となる。

 県教委は教職員が2610人、事務局職員が380人で前年度から58人減った。義務教育課や教職員課などの職員約25人を中心にした「学力向上プロジェクトチーム」を設置。全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で県内の公立学校の成績が低迷しているため、体制の立て直しで「教育県岡山」の再建を目指す。

 市教委の異動規模は、退職者の減少により前回と比べて90人減った。今回から特別支援学校の教員免許を持っている人を対象にした採用枠を設け、3人が採用された。増加している特別支援学級で、将来は中心的な役割を果たすことが期待される。【高橋祐貴、林田奈々】

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです