メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下関市名誉市民

故・古川薫さんに 夫人に証書など授与 /山口

 下関市は26日、昨年亡くなった直木賞作家の古川薫さんに名誉市民の称号を授与した。合併後初の名誉市民。同日最終日を迎えた市議会3月定例会で、選定議案が全会一致で同意され、決定した。

 議会終了後、議場で贈呈式が開かれ、古川さんの妻で歌人の森重香代子さん(83)が前田晋太郎市長から名誉市民証書などを受け取った。前田市長は「昨年来、多くの市民から名誉市民としての顕彰を望む声が寄せられた。その功績は、市の最高の表彰である名誉市民の称号に贈るのにふさわしい」などとたたえ…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNSで「持続化給付金」不正受給を指南 詐欺容疑で愛知大生2人逮捕

  2. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  5. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです