メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県教委 異動3187人(その1) /山口

小学校、英語専科教員を20人に増員

 県教委は26日、2019年度の教職員と事務局の人事異動を発表した。異動総数は3187人(前年度比87人減)で、このうち新規採用者は425人(同1人増)だった。

 内訳は、小学校1450人▽中学校850人▽高森中、中等教育学校、高校521人▽特別支援学校256人--など。

 地域との連携を視野に入れ、教育課程を再編する他、授業改善などを更に推進するため、専門的に助言する教頭職「社会に開かれた教育課程推進リーダー」を岩国、山口、宇部の3市に各1人配置する。また、小学校での英語教育教科化に対応するため、中学、高校の英語教員免許などを持つ英語専科教員の配置人数を今年度の14人から20人に増員する。【祝部幹雄】(24、25面にも異動名簿掲載)

この記事は有料記事です。

残り3982文字(全文4318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです