メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とさでん交通伊野線

単線区間、正面衝突の恐れ 国交省1年かけ調査 /高知

単線区間へ進入する際の流れを確認する調査官(中央)=高知市曙町2で、北村栞撮影

 とさでん交通伊野線の単線区間で上下の対向車両が近づき、正面衝突事故につながりかねない状況になった問題で、国土交通省運輸安全委員会は26日、現地調査を実施した。今後1年ほどかけて調査を続け、原因究明を図る。

 問題が起こった高知市曙町2の単線区間では、2016年にも似た事案が発生。その後、単線区間に入る際は「通票」と呼ばれる通行手形の手渡しではなく、信号を設置するよう国から求められたが、とさでん交通は、設備投資…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです