メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴラン高原

イスラエル主権承認 米外交、深まる孤立

 【ワシントン高本耕太、エルサレム高橋宗男】トランプ米大統領は25日にホワイトハウスで、1967年の第3次中東戦争でイスラエルがシリアから奪い占領するゴラン高原について、イスラエル主権を正式に承認する大統領布告書に署名した。長年の紛争を抱える中東地域で、イスラエルに肩入れするトランプ政権に国際社会から反発が上がる中、米議会からは目立った懸念が出ておらず、米外交の孤立化が深まっている。

 署名にはイスラエルのネタニヤフ首相も同席。トランプ氏は「イスラエルの自衛能力を高めるため、歴史的な措置を講じる」と述べた。ネタニヤフ氏は「あなたはイスラエルにとって、歴代米大統領で最良の友人だ」と謝意を表明。両国は敵国イランやテロ組織がゴラン高原をイスラエル攻撃の拠点にしようとしていると警戒している。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  2. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです