メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンビニ

店主4割「不満」 経産省、4大手に改善要請

 経済産業省は26日、セブン-イレブン・ジャパンなど大手コンビニエンスストア4社に対し、フランチャイズチェーン(FC)店主らの不満解消や人手不足の状況改善に向けた行動計画の策定を要請すると発表した。アンケートで、店主の6割が「従業員が不足」、4割が「(加盟に)満足していない」と回答した。このままでは「社会インフラ」として重要度を増すコンビニの維持が危うくなるとして、コンビニ本部に対応策の実施を促す。【清水憲司、藤渕志保、横山三加子】

 アンケートは昨年12月~3月24日、約3万人の店主を対象に実施。約1万1000人から回答を得た。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです