メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴラン高原

米「イスラエルに主権」 アラブ反発、温度差も

 【カイロ篠田航一】トランプ米大統領がゴラン高原のイスラエル主権を正式承認したことを受け、ゴラン高原をシリア領とみなすアラブ諸国は一斉に非難した。だが最近は、イスラム教シーア派国家イランへの対抗やテロ対策から、イスラエルと接近する動きをみせているスンニ派のアラブ諸国もある。これらの国々は過度な対応をとらないよう苦慮しているようだ。

 シリアのムアレム外相は25日、「ゴラン高原がシリア領という事実は不変。主権の侵害だ」とイスラエルと…

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1141文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 母子3人殺害 元福岡県警巡査部長「子供を殺す証拠も動機もない」無罪主張 福岡地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです