メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 地球温暖化

浜中裕徳・元環境省地球環境審議官

 平成時代、日本の環境行政は地球規模の環境問題への対応を迫られた。筆頭が地球温暖化対策だろう。先進国に温室効果ガスの削減を義務付けた京都議定書の策定で、日本は国際交渉の表舞台に躍り出たが、その後は影が薄い。持続可能な社会を作るために今、何をなすべきか。国際交渉の最前線に立ってきた浜中裕徳・元環境省地球環境審議官(74)に聞いた。【聞き手・永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り3707文字(全文3882文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです