特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

論点

平成の軌跡 地球温暖化

浜中裕徳・元環境省地球環境審議官
浜中裕徳・元環境省地球環境審議官

 平成時代、日本の環境行政は地球規模の環境問題への対応を迫られた。筆頭が地球温暖化対策だろう。先進国に温室効果ガスの削減を義務付けた京都議定書の策定で、日本は国際交渉の表舞台に躍り出たが、その後は影が薄い。持続可能な社会を作るために今、何をなすべきか。国際交渉の最前線に立ってきた浜中裕徳・元環境省地球環境審議官(74)に聞いた。【聞き手・永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り3707文字(全文3882文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集