メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 地球温暖化

浜中裕徳・元環境省地球環境審議官

 平成時代、日本の環境行政は地球規模の環境問題への対応を迫られた。筆頭が地球温暖化対策だろう。先進国に温室効果ガスの削減を義務付けた京都議定書の策定で、日本は国際交渉の表舞台に躍り出たが、その後は影が薄い。持続可能な社会を作るために今、何をなすべきか。国際交渉の最前線に立ってきた浜中裕徳・元環境省地球環境審議官(74)に聞いた。【聞き手・永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り3707文字(全文3882文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです