メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

警備員「和服」男性らに暴行 映像炎上、武漢大謝罪

和服のような服装で武漢大の警備員に入校を阻止された男性(中央)とその友人(右下)=中国のブログ「微博」から

 【北京・浦松丈二】中国湖北省のサクラの名所、武漢大で24日、和服のような服装の男性が花見をするために校内に入ろうとしたところ、警備員から暴行を受けて阻止された。この対応には「偽りの愛国主義だ」などと批判が殺到し、大学側は男性の入校手続きに不備があったなどと釈明に追われている。

 報道によると、友人と訪れた男性に対し、警備員が「和服」を理由に敷地に入るのを認めなかった。男性は和服ではなく唐時代の「唐装(とうそう)」と訴えたが、2人とも押し倒されたり、首を絞められたりするなどの暴行を受けた。

 この場面の映像がネット上に流れると「和服がダメなら、日本の花であるサクラは全て切り倒して、(中国の…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです