メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

多様化する若い農業者=農業ジャーナリスト・青山浩子

 150ヘクタールという大規模な面積で稲作経営をおこなう法人の代表と話す機会があった。20人近い従業員の6割は、実力次第で昇進し、オンとオフシーズンで勤務時間や休日数が変わるいわゆる総合職だという。残りの4割は定時退社、週休2日が確保されている半面、昇給はわずかといういわゆる一般職だ。後者には「生活が成り立てば満足。のんびりと過ごしたい」という考えの持ち主が多いそうだ。

 法人の代表は、非農家から就農した新進気鋭の経営者。従業員はいずれも代表にあこがれる上昇志向の高い人…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  4. 室内に物色跡 財布は手つかずで残る 東京・東久留米強殺

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです