メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小学校教科書検定

新要領初 英語 聞く、話す重視

教科化で初めて編集された5、6年生の英語の教科書。授業は「聞く」「話す」ことを中心に進められる

 2020年4月から小学校で使用される教科書の検定結果が26日、公表された。グローバル化し、情報技術の重要性が増した社会に対応する新学習指導要領に基づいた初めての教科書で、5、6年生の英語が初めて編集された。理科や算数などの教科にはプログラミング教育が盛り込まれ、「主体的・対話的で深い学び」を実現する工夫がなされた。この他、20年東京五輪・パラリンピックなども題材となった。【金秀蓮、川名壮志、水戸健一、写真・内藤絵美】

この記事は有料記事です。

残り2829文字(全文3040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです