メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小学校教科書検定

新要領初 英語 聞く、話す重視

教科化で初めて編集された5、6年生の英語の教科書。授業は「聞く」「話す」ことを中心に進められる

 2020年4月から小学校で使用される教科書の検定結果が26日、公表された。グローバル化し、情報技術の重要性が増した社会に対応する新学習指導要領に基づいた初めての教科書で、5、6年生の英語が初めて編集された。理科や算数などの教科にはプログラミング教育が盛り込まれ、「主体的・対話的で深い学び」を実現する工夫がなされた。この他、20年東京五輪・パラリンピックなども題材となった。【金秀蓮、川名壮志、水戸健一、写真・内藤絵美】

 5、6年生の英語(外国語)の教科化に伴う教科書は、合格した全7社が児童が楽しんで学べるように、活動の場面の写真や、単語とイラストを併記した「絵辞典」など視覚情報を多く掲載した。また、誕生日を尋ねたり、料理を注文したりする身近な場面を多く取り入れた。

 5、6年生の英語には、4年生までの外国語活動で教える「聞く」「話す」に「読む」「書く」が加わる。学習指導要領では「読む」「書く」について、音声で十分に慣れ親しんだ語句や基本的な表現について、読んで意味が分かり、例文を参考に書けることが目標とされている。

この記事は有料記事です。

残り2577文字(全文3040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです