小学校教科書検定

新要領初 立教大グローバル教育センター長松本茂さん、武蔵野学院大准教授・上松恵理子さんの話

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立教大グローバル教育センター長 松本茂さん
立教大グローバル教育センター長 松本茂さん

動機付け、指導のポイント 立教大グローバル教育センター長・松本茂さん

 5、6年生で初めて教科化される英語の学習は「聞く」「話す」から始まり、その後に「読む」「書く」に移行する。これは日本語を身につけるプロセスに近い。小中高校で英語を学ぶ総時間数が増えることは「使える英語力」の向上にプラスに働くはずだ。

 英語の授業は「言葉が人と人をつなぐ」ことを認識する機会になり得る。初期段階ではあいさつを教える場面もある。朝、あいさつを交わさない同級生ともコミュニケーションを取ることになる。普段はおとなしい児童が元気よく発言するなど、意外な一面を知ることもできるかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1078文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集