メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認可保育所

今年も相次ぐ1次落選 「第2保活」に奔走 無償化より「受け皿を」

「第2保活セミナー」に参加した堀越千代さん(左端)ら=東京都品川区で2月

 今年4月入所の認可保育所の1次選考で、今年も「落選」が相次いでいる。入所が決まらなかった保護者はその後、認可外保育所やベビーシッターの検討など、次の選択肢を探す「第2保活」に奔走する。待機児童が解消されない現状に、「無償化よりも保育所整備や保育士の確保を」と受け皿の拡充を求める声は切実だ。一方で自治体は現場の疲弊や保育の質の低下を懸念する。

この記事は有料記事です。

残り1707文字(全文1879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者25人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです