メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第2部 恩師が語る高校時代/7 SO田村を一から育てた 吉岡肇監督

 ◆吉岡肇監督(57)=国学院栃木高

恩返しの逆転トライ

 負けず嫌いで、素直で、目立ちたがり。正確なキックでラグビー日本代表を支えるSO田村優(30)=キヤノン=の素顔を、国学院栃木高で指導した吉岡肇監督(57)は、そう表現する。

 愛知で育ち、中学までサッカーに打ち込んだ田村は、高校から栃木で楕円(だえん)球を手にした。トヨタ自動車で活躍した父誠さん(57)が吉岡監督と東京・国学院久我山高で同期の縁からだ。感情を包み隠さない性格で、名伯楽に強い印象を残した。「吉岡先生、来てください」。高校入学直後の球技大会でのこと。保健室に駆け付けると、田村が涙をこぼして座り込んでいた。学級対抗サッカーの決勝で敗れた…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文758文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです