メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 避難者訴訟 国の責任認定6件目 国・東電に賠償命令 松山地裁判決

松山地裁の判決を受け、「勝訴」などと書かれた幕を掲げる支援者ら=松山市で26日、花澤葵撮影

 東京電力福島第1原発事故により、福島県から愛媛県に避難した10世帯25人が東電と国に計1億3750万円の損害賠償を求めた集団訴訟で、松山地裁(久保井恵子裁判長)は26日、東電と国双方の責任を認め、うち23人に計2743万円を支払うよう命じた。同種の約30件の集団訴訟では、10件目の判決で、国の責任が認定されたのは6件目となる。

 判決理由で久保井裁判長は、政府の地震調査研究推進本部が2002年公表した「長期評価」に従って、津波…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文686文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  3. 地震で中断の「定時で帰ります」 25日放送 吉高さん被災地にエール
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 東電柏崎刈羽原発、18日夜の地震で「異常あり」と誤送信 柏崎市長が激怒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです