メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 避難者訴訟 国の責任認定6件目 国・東電に賠償命令 松山地裁判決

松山地裁の判決を受け、「勝訴」などと書かれた幕を掲げる支援者ら=松山市で26日、花澤葵撮影

 東京電力福島第1原発事故により、福島県から愛媛県に避難した10世帯25人が東電と国に計1億3750万円の損害賠償を求めた集団訴訟で、松山地裁(久保井恵子裁判長)は26日、東電と国双方の責任を認め、うち23人に計2743万円を支払うよう命じた。同種の約30件の集団訴訟では、10件目の判決で、国の責任が認定されたのは6件目となる。

 判決理由で久保井裁判長は、政府の地震調査研究推進本部が2002年公表した「長期評価」に従って、津波評価の試算を東電にさせていれば「遅くとも02年末時点には津波の予見が可能だった」と認定。建物への浸水を防ぐ水密扉を設置していれば津波にも耐えられたと指摘した。また国に対して「東電に津波対策をさせる権限を行使していなかった」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです