メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第4部 伝える/4 原発事故、見えた真実 ミュージシャン・知久寿焼さん(54)

=玉城達郎撮影

知久寿焼(ちく・としあき)さん(54)

 1月24日、東京・JR三鷹駅近くのバー。知久寿焼さん(54)がギター一本で4人組バンド「たま」時代の曲「らんちう」を歌い出すと、会場を包む不思議で寂しい独特の空気が一層濃くなった。

 <あんまりのこころさむさに うらにわをほじくりかえしてると かなしいいろの水が湧いて>

 客席には40~50代に交じって20代らしき姿もある。1989年、「たま」がテレビ番組「三宅裕司のい…

この記事は有料記事です。

残り1507文字(全文1711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです