メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第4部 伝える/4 原発事故、見えた真実 ミュージシャン・知久寿焼さん(54)

=玉城達郎撮影

知久寿焼(ちく・としあき)さん(54)

 1月24日、東京・JR三鷹駅近くのバー。知久寿焼さん(54)がギター一本で4人組バンド「たま」時代の曲「らんちう」を歌い出すと、会場を包む不思議で寂しい独特の空気が一層濃くなった。

 <あんまりのこころさむさに うらにわをほじくりかえしてると かなしいいろの水が湧いて>

 客席には40~50代に交じって20代らしき姿もある。1989年、「たま」がテレビ番組「三宅裕司のいかすバンド天国(イカ天)」に初出演した頃には生まれていない世代だ。

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです