メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第4部 伝える/4 原発事故、見えた真実 ミュージシャン・知久寿焼さん(54)

=玉城達郎撮影

 1月24日、東京・JR三鷹駅近くのバー。知久寿焼さん(54)がギター一本で4人組バンド「たま」時代の曲「らんちう」を歌い出すと、会場を包む不思議で寂しい独特の空気が一層濃くなった。

 <あんまりのこころさむさに うらにわをほじくりかえしてると かなしいいろの水が湧いて>

 客席には40~50代に交じって20代らしき姿もある。1989年、「たま」がテレビ番組「三宅裕司のいかすバンド天国(イカ天)」に初出演した頃には生まれていない世代だ。

 知久さんは埼玉県川口市で育った。地元の高校を出て、ライブハウスで出会った友人と「たま」を結成したのは84年。時代が「バブル」に向かう中、音楽に没頭した。「世間からちょっと離れたところにいる気分だったけど、そこが自分たちの居場所だった。取り残されているような感覚。それを大事にもしていました」

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 詐欺手口、原点回帰? 「オレオレ」前年より2割増 「息子」7割 埼玉

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです